ナットウキナーゼサプリ

睡眠不足やストレスが血管を劣化させる理由

血管を劣化させる原因には、タバコやお酒などの嗜好品や食べ過ぎやスイーツなどの甘いものを好んで食べることが指摘されますが、これらは意識することで止めることも控えることもできます。

 

でも、ストレスが血管劣化の原因だといわれたら、どうしますか?
ストレスは私たちの自律神経を常に緊張している状態にしてしまいます。
そのため、血管が収縮して血圧を上げる原因をつくります。これによって高血圧を招いて動脈硬化を引き起こしてしまうことが考えられます。
さらにはストレスは睡眠不足を引き起こして血流を悪くします。
これによって栄養素をからだのすみずみまで送ることができなくなり、毛細血管が劣化してしまいます。毛細血管の劣化は、組織を壊死させてしまうこともあり、さまざまな症状を引き起こすこととなります。

 

これらを避けるためにはストレスを溜めないことが重要となりますが、現代社会ではなかなか難しいことですよね。
まずは規則正しい生活をすることやストレスを溜めないために趣味を見つけたり、散歩など軽いウォーキングをしてみることがお勧めです。