ナットウキナーゼサプリ

血管の病気は朝発症しやすい理由

血管に関する病気といえば、脳梗塞や脳出血、心筋梗塞など生死に関わる病気が多いというイメージがあります。
これらの病気による発作は、昼間など仕事をしている時に突然引き起る人もいますが、朝発症することが多いとされています。

 

私たちの睡眠時間は個人差もありますが、おおよそ6〜8時間ほどとされています。
この間、トイレに行くこともあるでしょうが、ほとんどの人は起きているときほど水分摂取を行わないでしょう。
実は、眠っている間には汗や呼吸によってからだの中の水分が失われており、朝になると軽い脱水症状状態にあります。
そして、この時血管の中はドロドロ血液になっているわけです。
そのため、血管が非常に破れやすく血管の病気を発症しやすい状態にあるというわけです。

 

リスクを避けるためには、眠っている間に目覚めたら水分摂取をしたり、朝起きてすぐに水分摂取をするという習慣を身につけることでしょう。
また、布団から起きあがる時も急に勢いよく頭を起こすことは避け、ゆっくりとからだを動かすようにしましょう。