ナットウキナーゼサプリ

血栓ができる理由

血栓とは、血管の中でできるかさぶたのことです。
私たちは肌に傷を負うと出血しますが、次第に止まってかさぶたができます。
やがて、傷は修復されてかさぶたは気づかないうちになくなっています。

 

もしも血管の中に傷ができた場合にはどうなるのでしょうか?
体内をいわゆるドロドロ血液が流れているときは粘着力が高いため血管を傷つけるリスクが高まります。
その傷を修復するために血栓ができます。通常のサラサラ血液であれば、傷が治る際に血栓が剥がれて血液の中に溶けてなくなってしまいますが、血液の成分のバランスが崩れているドロドロ血液の場合は、血栓が剥がれず、傷口に血栓が残ったままになります。
その結果、血液の流れを妨げる原因となってしまいます。

 

その代表が心臓付近の血管内で起こる心筋梗塞や脳血管で起こる脳梗塞などです。
これらの症状は命にも関わるものであり、大変危険な状況です。
これらのリスクを避けるためには血栓を作らないよう、ドロドロ血液をサラサラ血液にするための生活習慣や食生活を心掛けることが必要なのです。食事はバランス良く、ヘルシーなものを心がけましょう。最近ではドロドロ対策のサプリなども手に入れやすくなっています。サプリだと手軽に摂ることができるのでお勧めです。
また同時に適度な運動を習慣にするのもよいでしょう。